【安くてコスパがいい!】一人暮らしで冬に使う暖房器具は電気毛布がおすすめな理由

※本ページはプロモーションが含まれています。
電化製品

皆さんが冬に使う暖房器具は何ですか?

私が冬に使っているのは電気毛布です。現在まで約1年以上愛用しています。

今回は一人暮らしで暖房器具を使うなら電気毛布がおすすめな理由を解説します。

電気毛布のメリットやデメリットについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

電気毛布とは

電気毛布の画像
出典:amazon.co.jp

電気毛布は、電気により加熱される毛布で、主に寒い冬に使用する家庭用の電化製品です。


電源に接続することで、内部の発熱素材が温かくなります。


温度を調節できる機能が備わっており、安全性を確保するためにタイマーや過熱防止機能が付いています。


部屋全体ではなく、局所的に温めることができるので一人暮らしの人に適した暖房器具です。

電気毛布のメリット・デメリット

電球とお金の画像

電気毛布のメリット

  • 電気代が安い
  • すぐに温まる
  • 運転音が無音
  • 温度調節が可能
  • 持ち運びが簡単
  • スペースをとらない
  • 折りたたみが可能なので収納しやすい
  • 本体価格が安いものだと2,000円程度と他の暖房器具と比較して安い

電気毛布の特に良いところが、電気代が安いところです。


電気毛布の温度設定を弱に設定して運転することで、1時間あたりの電気代が0.3円の製品もあります。


こたつと電気毛布は電気代が安いのでよく比較されがちですが、電気毛布は軽量で持ち運びが簡単なので車中泊をするときに使えます


また、スペースをとることもないので部屋に置けるものが増えたり、部屋の圧迫感もなくなります。

電気毛布のデメリット

  • 1人用の暖房器具なので2人では使いづらい
  • 運転音が無音なため、電源を切り忘れやすい
  • 丸洗いできないものもある
  • 長時間使用し続けると、脱水症状になるリスクがある
  • 身体の温度が高い状態になるので、睡眠の質が低下する

寒い場所に複数人でいる場合は、電気毛布は向いていません


そういった時は、ヒーターやエアコンの暖房を使うようにしましょう。


ですが、一人暮らしの場合は基本1人でいることが多いため、電気毛布の1人でしか使えないというデメリットはないようなものです。


睡眠時に温度設定を高くしすぎると、身体が暑くなりすぎて睡眠の質が低下してしまいます。


適切な温度に設定して身体が暑くなりすぎないようにすることで、深い睡眠をとることができます


睡眠時の適切な寝具内部の温度は、33℃前後と言われています。


人肌よりも少しぬるいと感じるくらいが、睡眠時のちょうど良い温度です。

暖房器具ごとの電気代を比較

エアコンの暖房やヒーター、ホットカーペットなどのさまざまな暖房器具がある中で、電気代にはどのくらい違いがあるのでしょうか。

下記の表は、ドコモでんきが調査した、暖房器具ごとの電気代を比較した表になります。

暖房器具ごとの電気代の画像
引用元:暖房器具の電気代は?消費電力や特徴で部屋を暖める家電を比較|ドコモでんき

電気代が1番安いのは電気毛布

さまざまな暖房器具がある中で、電気代が1番安いのが電気毛布でした。


電気毛布に次いで、こたつが安く、その次にホットカーペットという結果でした。


電気毛布は温度調節も可能なため、1番低い温度で使用すると電気代はさらに安くなり、消費電力の低い製品だと1時間に0.3円しか電気代がかからないものもあります。

電気代が1番高いエアコンとの差は?

電気毛布とは反対に、1番電気代が高いのはエアコンでした。


エアコンは1時間あたりに最大95.5円かかります。


最も電気代が安い電気毛布と比較すると、その差は1時間あたり93.5円になります。


エアコンを1時間使用するのと、電気毛布を45時間使用する電気代は変わらないことになります。

一人暮らしに電気毛布がおすすめな4つの理由

1. 電気代が安く、本体価格も安い

電球の画像

一人暮らしに電気毛布がおすすめな理由、1つ目は「電気代が安く、本体価格も安い」です。


電気代は暖房器具の中では1番安く本体価格も2番目に安いです。


暖房器具の本体価格に関しては、下記の記事で比較しているのでよければ参考にしてください。

【電気代を比較!】一人暮らしにおすすめの安くてコスパのいい暖房器具は?
寒い季節になってきましたね。寒い季節に必須なのが「暖房器具」。皆さんは暖房器具によって、どのくらい電気代が違うか知っていますか?今回は、暖房器具ごとの電気代の違いを比較して、安くてコスパのいい暖房器具はどれなのかを確認していきます。

一人暮らしであれば、節約している人が多く、お金に余裕がある人は少ないです。


電気毛布は、購入時の費用もランニングコストもかからないので、節約に効果的な暖房器具といえます。

2. 少ないスペースでの使用に向いている

部屋の画像

一人暮らしに電気毛布がおすすめな理由、2つ目は「少ないスペースでの使用に向いている」です。


一人暮らしの部屋はスペースが狭いため、こたつやストーブなどの暖房器具を設置してしまうと、それだけで動きづらくなったり、生活に支障がでてしまいます。


電気毛布であれば、設置をするという必要がなく、布団の上や椅子の上にも置いておけるのでスペースをとる必要もありません


空きスペースが少ない一人暮らしには向いている暖房器具と言えるでしょう。

3. 部屋全体を暖める必要がない

部屋の画像

一人暮らしに電気毛布がおすすめな理由、3つ目は「部屋全体を暖める必要がない」です。


同居人がいれば話は変わりますが、一人暮らしの人は基本1人でいるのが当たり前です。


自分さえ暖かければ何の問題もありません


部屋全体を暖めようとすると、その分余計に電気代がかかってしまいます


電気毛布は余計な部分を暖めることなく、効率的に身体を暖めることができるので一人暮らしに適しています。

4. 引っ越し時の持ち運びが簡単

引っ越しの画像

一人暮らしに電気毛布がおすすめな理由、4つ目は「引っ越し時の持ち運びが簡単」です。


一人暮らしをしていると、2〜3年程度で新しい物件に引っ越すということが多々あります。


その時に、こたつやエアコンなどの大型家電があると自分で運ぶことは難しいので、引っ越し業者にお願いするしかなくなります。


その点、電気毛布であれば軽くてサイズも小さいため、簡単に自分で運ぶことができます


引っ越し業者に頼る必要もないので、引っ越し費用を抑えることもできます。

一人暮らしにおすすめの電気毛布

1. Sugiyama 電気敷き毛布

出典:amazon.co.jp

Sugiyamaの電気敷き毛布は、Amazonの電気毛布でベストセラー1位の商品です。(2023年10月時点)

価格も3000円程度で購入できるので、気兼ねなく使うことができます。

良い口コミ・レビュー

車中泊用で購入しました。
安くてコンパクト、とても温かくて朝までぐっすり眠れました。
追加でもう一つ購入しました。

引用元:amazon.co.jp

セミダブルベッドを2つ繋げて寝ています。シングルサイズの電気毛布を2つ使えば寒がりな妻と暑がりな私で温度を変える事が出来ます。エアコンだと喉が痛くなるので冬は電気毛布が必須です。

引用元:amazon.co.jp

快適に冬を過ごせました。今年はリビングのエアコンを使わない代わりにソファーに敷く用に買い増しです。
冬になると少し値段が上がるので、シーズン入る前に3000円程で購入できたから満足です。

引用元:amazon.co.jp

悪い口コミ・レビュー

機能的には問題はない。
強いて言えば、前もって分かってたことだけど、少し小さい。ヒーター部分は小さくても、外寸は敷布団サイズ欲しい。

引用元:amazon.co.jp

悪くはないが特に良くもない。布団があたたまるから問題はない。しかしタイマーなどはついてないすごくベーシックな電気敷き毛布。ちょっと長さが短いかなぁ…

引用元:amazon.co.jp

安くて 良いですが 軽くて 捲れます、毛玉が出来ております でも このお値段ですよね仕方ないかも?

引用元:amazon.co.jp
Sugiyama 電気敷き毛布 140×82cm 日本製 洗える 頭寒足熱 ダニ退治 室温センサー NA-023S
●使いやすいスライド式コントローラーはバックライト付きなので、暗い部屋でも操作できる ●室温センサー機能付で、室温の変化を感知し、ぴったりな温度を保つ ●ダニ退治機能付なので、指定の手順に従い、約3時間通電することで、ダニが退治できる ●冷...

2. Cost home 電気毛布

出典:amazon.co.jp

Cost homeの電気毛布は、価格は6000円程度とそれなりにしますが、サイズも大きくてタイマーも付いているので使い勝手が良いです。

価格に見合った機能や使用感が魅力です。

また、温度設定も10段階でできるので自分に適した温度にしやすいのがポイントです。

良い口コミ・レビュー

かなり悩んで選んでたどり着いたのがこの商品
すぐ壊れる都のレビューが多いですが、今のところ快適に動作しています。
140*80の大きさが多い中この大寸法はエアコンの代わりとして重宝します。

引用元:amazon.co.jp

秋から冬にかけて快適なお布団ライフが送れます。
肌触りもよく、肌が弱い人彼が寝ても荒れませんでした。
汚れてもお風呂場でもみ洗いして干すことも出来るため、万が一何かこぼしてしまったり汚れてしまっても大丈夫!
控えめに言って最高です。

引用元:amazon.co.jp

【温度】
最大のHか9にするとかなり温かい
他の電気毛布買った時に最大にしてもあまり暖かくなかったからこの温度は大満足
8以下は真冬はちょっと寒いかも?

【タイマー】
使ってないから不明
でも1時間毎に設定できるみたいで便利そう
※タイマーセットしなくても時間がたつと自動で消えます

【質感】
毛布みたいなフワフワ感はないけど手触りは良い

あとは耐久性が良ければ文句なしです!

引用元:amazon.co.jp

悪い口コミ・レビュー

コードレスのものが悩みましたが
これを買いました。

10段階の温度設定がありますが
3つくらいでいいんじゃないかと思うくらい弱い方は温まらない。

コントローラーは温度調整
タイマー時間と設定しますが
毎回温度設定が最弱から始まり7.8位まで上げるのがめんどうな上、なぜかタイマーは9時間から始まるので、もう少し考えて欲しい。

肌触りがすごく良いため残念。

引用元:amazon.co.jp

大きさは良かったが、思ったより薄く安っぽい感じがする。

引用元:amazon.co.jp

暖かくなる部分が1/3ぐらいなので真冬は別の暖房機が必要かも。

引用元:amazon.co.jp
Cosi home 電気毛布 北欧風高級フランネル素材 掛け敷き兼用 大判サイズ 160cm x 130cm 温度10段階設定 9時間タイマー付 電気毛布掛け 電気毛布敷き速暖 軽量 省エネ 洗濯機丸洗い 暖房器具 电热毯 車中泊 キャンプ
Cosi home 北欧風 高級フランネル電気毛布 160cm x 130cm ゆったり特大サイズ 体全体を覆える大きめサイズで足先から首元までしっかり温めます。ひざ掛けとして、肩掛けとして、毛布としてなど、素早く温まりたい時に大活躍します...

3. 山善 電気毛布

出典:amazon.co.jp

山善の電気毛布は、安心安全の日本製で万が一製品が壊れていたとしても保証期間が1年あるので、ワンシーズンは確実に使えるのが魅力です。

また、価格も3000円程度と安く、電気代も1時間あたり:弱=約0.4円/適温=約0.5円/強=約0.7円とランニングコストもかからないのがポイントです。

良い口コミ・レビュー

値段相応でコスパ良い
こちらにさらに掛け布団したら
真冬OK

引用元:amazon.co.jp

電気代高騰で節電の為に、家族の分と2枚購入しました。
電気代は一番高くしても安く、熱が逃げないように上に膝掛けをしています。
かなり温かく暑いです笑
足が冷えるので毛布の下にひいても温かいです!

引用元:amazon.co.jp

価格の割にしっかり暖かくなる。
設定も「強」にすると熱くなるくらい効きます。
温度調整もスライド式なので使いやすいです。
買ってよかった!

引用元:amazon.co.jp

悪い口コミ・レビュー

安かったので購入しましたが、毛布自体が薄くて腰がないので、コントローラーの重さでよれて使いにくくてダメでした。マットレスカバーの下に敷いて使う用途ならいいかもしてませんが、ソファーで肩掛けて使うには適しません。

引用元:amazon.co.jp

足元が暖かく設計されているが、コンセントの位置では逆さまになってしまうので、コードの長さも選択できると良い。

引用元:amazon.co.jp

もう少し布団サイズにして欲しかった。

引用元:amazon.co.jp
[山善] 電気毛布 敷き 電気敷毛布 (130×80cm) (丸洗い可能) (ダニ退治機能) (温度調節機能) ホワイト×ベージュ YMS-16
●寒い冬場の就寝時に便利な電気毛布。 ●冷えた体や布団を温め、心地よい眠りに導く。 ●シングル布団やお子様ベッドにも最適なサイズ。 ●温度調節コントローラー付。 ●高温でダニを退治する「ダニ退治機能」。 ●毛布本体丸洗い可能なのでいつでもふ...

製品が初期不良だったときの対処法

万が一、購入したばかりの新品の製品が「電源が入らない」「異音がする」といった場合は、下記の方法で対処しましょう。

Amazonで購入した場合

Amazonのサイトから、カスタマーサービスに連絡をしましょう。


商品の保証期間内であれば、損傷・不具合のある商品を交換してもらうことができます
※保証期間は取扱説明書に記載されています。


取扱説明書をなくしてしまった場合でも、カスタマーサービスに連絡することで交換してもらえる場合がありますので、連絡してみてください。


<Amazonカスタマーサービス>
Amazon|ヘルプ&カスタマーサービス

店舗で購入した場合

商品に初期不良があった場合、購入者には商品を購入した店舗に対して、商品の修補または、商品の交換を求めることができる権利が発生します。(追完請求権 民法562条


そのため、実際に購入した店舗へ連絡をして、新品と交換してもらいましょう。

まとめ

今回は一人暮らしで暖房器具を使うなら電気毛布がおすすめな理由について解説しました。

電気毛布は節約したい人や一人暮らしであまりお金に余裕がない人におすすめの暖房器具です。

今年の冬の暖房器具として検討してみてください。

それではっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました