【一人暮らし必見!】賃貸住宅のインターネット回線が遅い!4つの原因と対処法

※本ページはプロモーションが含まれています。
暮らしの困り事

今や生活する上でなくてはならないのが、インターネットです。

賃貸住宅で一人暮らしをしている人なら分かるかと思いますが、インターネット回線が非常に遅いです。

今回は、賃貸住宅のインターネット回線が遅いときの原因と対処法について解説します。

この記事を読めば、インターネット回線の遅さをどうしたら改善できるか知ることができます。

インターネット回線が遅くなる4つの原因

1. 共有回線を使用している

共有回線とは、複数の住戸が同じインターネット回線を共有して利用するシステムです。共有回線によって、同じ回線を使用する住戸全体のネットワーク使用量増加し、速度が遅くなる可能性があります。

共有回線により速度が遅くなる原因

(1)ネットワークの混雑

住戸内の多くの人々が同時にインターネットを使用する場合、ネットワークが混雑してしまいインターネット速度が遅くなることがあります。

(2)ピークタイムの影響

特定の時間帯(通常は夕方から夜間)に多くの人がインターネットを利用するため、その時間帯になるとインターネット速度が遅くなることがあります。

(3)接続数の増加

同じインターネット回線を使用する人が増えると、その分のデータの送受信量が増えるため、インターネット速度が遅くなることがあります。

2. インターネットサービスプロバイダーによる影響

インターネットサービスプロバイダー(Internet Service Provider)とは、一般の個人や企業に対してインターネット接続を提供する事業者のことです。

賃貸住宅ではこのプロバイダーが最初から決まっているところや、選択肢が限られていることがあります。品質の悪いプロバイダーを提供している会社にあたってしまうと、インターネット速度が遅くなりやすいなどの問題が発生することがあります。

3. 建物の構造による影響

賃貸住宅のインターネット回線が遅くなる原因として、建物の構造が影響していることがあります。

建物の構造により速度が遅くなる原因

(1)壁や障害物の影響

壁や障害物が無線信号の通り道を遮ると、信号が弱まったり途切れたりする可能性があります。特に厚い壁や金属製の障害物は、無線信号が弱まったり途切れたりする主な原因になります。

(2)建物の材料

建物の材料によっても、インターネット回線の速度が変わります。以下の材料で作られた建物は、無線信号の強さに影響を与えることがあります。

インターネット回線に影響を与える可能性のある材料

  • コンクリート
  • 金属
  • 鋼鉄骨
  • ガラス

厚いコンクリート壁や金属製の壁は、無線信号を妨げることがあり、Wi-Fiが届きにくくなることがあります。鋼鉄骨組みの建物では、鉄が無線信号を遮断することがあり、Wi-Fiが接続しづらくなることがあります。また、一部のガラスは無線信号を反射することがあります。これらの材料により、インターネット回線が遅くなっている可能性があります。

(3)階層の違い

2階以上ある賃貸住宅に住んでいる場合、上下階層間で無線信号が干渉し合うことがあります。階層が多いほど、無線信号の弱まりや遅延が起こりやすくなります。また、無線信号が階層を越えるときに壁や床が信号の妨げになることがあります。このような理由から、インターネットの回線が遅くなることがあります。

(4)空間の広さ

大きな開放空間に無線信号が広がる場合、信号が拡散して弱まる可能性があります。信号が弱まる原因は、以下の通りです。

距離による無線信号の強度低下

無線信号は距離が伸びるにつれて信号の強度が低下していきます。それにより、回線速度が低下したり繋がりにくくなることがあります。

電子機器等が無線信号に干渉

大きな空間では、他の電子機器や無線通信機器からの電波干渉が起こる可能性があります。この電波干渉により、回線速度の低下や繋がりにくいという現象が発生することがあります。

家具等の障害物が信号が妨げになっている

大きな空間には壁や障害物が多く、これらが無線信号の進行を妨げている可能性があります。特に建物の構造によって、信号が到達しづらくなることが多いです。

4. ルーターやプロバイダーのネットワーク障害による影響

賃貸住宅にはインターネット回線を通すために、ルーターやモデム等が設置されています。

ルーターとは、データの送受信を制御し、ネットワーク間でのデータを中継する役割を果たすデバイスのことです。賃貸住宅で、複数のデバイスがインターネットに接続できるようになり、データを適切な箇所に送信する役割があります。

モデムとは、デジタル信号とアナログ信号の変換をおこなうデバイスのことです。賃貸住宅で、インターネットを家に繋ぐ役割があります。

インターネット回線に関係するルーターやモデムの故障、ケーブルの問題、プロバイダーのネットワーク障害などがインターネット回線が遅くなる原因になっていることがあります。

インターネット回線が遅いときの6つの対処法

1. ルーターの位置を調整する

ルーターが壁や障害物に遮られていないか確認し、可能であれば部屋の中央に設置することで信号強度と速度が安定します。

2. 不要なデバイスを切断する

使用していないもしくは、使用頻度が低いデバイスの無線接続を切断することで、インターネット回線の速度が改善することがあります。

3. アクセスポイントを追加する

部屋が大きい場合や部屋にものが多く、障害物になっている可能性のあるものがある場合、ルーターを購入しアクセスポイントを追加しましょう。アクセスポイントが増えることによって、部屋の隅々まで無線信号が行き渡りインターネット回線が安定しやすくなります。

下記に、私が使用しているルーターを置いておきます。気になった方はご覧ください。

https://amzn.to/3qHW9hG

4. ルーターを再起動する

ルーターを一時的に電源から切断し、再起動することで無線信号が接続しやすくなったり、一時的な問題を解消できる場合があります。

5. デバイスのキャッシュとクッキーを削除する

インターネット回線が遅いときは、デバイス側の問題の場合もあります。デバイスのキャッシュとクッキーを削除することで、インターネット回線が安定したり、速度向上に繋がることがあります。

6. プロバイダーを変更できないか確認する

インターネットプロバイダーが原因でインターネットの回線が遅い可能性もあります。賃貸住宅の管理人に連絡をして、速度が安定していたり質の良いインターネットプロバイダーに変更してもよいか確認をしてみましょう。

まとめ

今回は、賃貸住宅のインターネット回線が遅いときの原因と対処法について解説しました。

賃貸住宅のインターネット回線は遅くなりがちです。私はルーターを部屋に追加して、不要なデバイスの接続を切ったらインターネット回線の速度が向上し、安定するようになりました。

この記事が参考になれば幸いです。

それではっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました