一人暮らしに最低限必要な調味料は5つ!サイズや正しい保管方法は?

※本ページはプロモーションが含まれています。
一人暮らしに最低限必要な調味料のアイキャッチ画像 食品

一人暮らしをする上で最低限必要な調味料が何か知っていますか?

今回は一人暮らしを1年以上している私が、一人暮らしに最低限必要な調味料を紹介します。

今回紹介する調味料があれば、一人暮らしで困ることなく生活することができます。

一人暮らしに最低限必要な調味料

1. 醤油

寿司に醤油をつけようとしている人の画像

一人暮らしに最低限必要な調味料、1つ目は「醤油」です。

醤油を使った主な料理・レシピ

醤油は自炊をする人でもしない人でも必要な調味料です。


自炊であれば、「チャーハン」や「唐揚げ」「肉じゃが」「炊き込みご飯」などの定番料理を作るときに使用します。


自炊をしない人でも、スーパーで買ってきたお寿司につけたり、卵かけご飯に醤油をかけるなど、さまざまな場面で使用します。

醤油の種類と特徴

最近は減塩タイプのものや薄口タイプのものまで、醤油の中でも種類があります


自分の嗜好やライフスタイルに応じた好みのものを選びましょう。

https://amzn.to/3LQbLqs

2. 砂糖

砂糖の画像

一人暮らしに最低限必要な調味料、2つ目は「砂糖」です。

砂糖を使った主な料理・レシピ

料理に甘みを加えたり、おいしさを引き立たせてくれます。


普段の料理にはもちろん、「そぼろ丼」や「サバの味噌煮」、お弁当の定番のおかず「スクランブルエッグ」を作るときにも使用します。


コーヒーを飲む人であれば、スティックタイプの砂糖を使用します。また、お菓子作りをする人にとっては必要不可欠な調味料です。

砂糖の特徴と保管方法

砂糖は大きな袋に入って売られていることが多いです。


それゆえに余りがちになってしまう調味料ですが、明確な賞味期限はないため適切に保存して入れば、長期間保存することができます


適切な保管場所は”冷暗所”なので、チャック付きの密閉袋などに入れて冷暗所で保管しましょう。

https://amzn.to/46BeDzx

3. 塩

塩の画像

一人暮らしに最低限必要な調味料、3つ目は「」です。

塩を使った主な料理・レシピ

料理に塩気を与えたり、素材本来の味を引き立たせてくれます。


普段の調理にはもちろん、「塩おむすび」や「アジの塩焼き」、「天ぷら」に振りかけるときに使用します。


浅漬けやドレッシングを自作するときにも必須です。

塩の特徴と保管方法

塩も砂糖と同様に適切に保管をすれば腐ることはありません
(ハーブなどをブレンドした塩は賞味期限あり)


温度や湿度変化の少ない場所で密閉性の高い容器に入れて保管しましょう。

https://amzn.to/45pDDZs

4. コショウ

コショウの画像

一人暮らしに最低限必要な調味料、4つ目は「コショウ」です。

コショウを使った主な料理・レシピ

料理にピリッとした刺激を加えることができる、1番身近で万能なスパイスです。


野菜炒め」や「チャーハン」「スープ」はもちろん、「パスタ」や「シチュー」などのさまざまな料理に使用されます。

コショウの健康効果・効能

あまり知られていませんが、下記の健康効果や効能があります。

  • 血行促進
  • 食欲増進
  • ダイエット効果
  • リラックス効果
  • エイジングケア効果

肉料理の臭み消しにも使用されるほど万能なので、自宅に1つは保管しておきましょう。

https://amzn.to/46DKYWj

5. サラダ油

サラダ油の画像

一人暮らしに最低限必要な調味料、5つ目は「サラダ油」です。

サラダ油を使った主な料理・レシピ

サラダ油は、味や香りにクセがないので幅広い料理に使うことができます。他の油よりも比較的安価で購入できるため、日本の家庭では広く使われています。


炒め物や揚げ物用の油に使用できるほか、サラダに直接かけてドレッシングとしても使用できます。

サラダ油の特徴と健康リスク

サラダ油は、他の油で代用することもできますが、油によっては風味やクセが強いものがあるので注意が必要です。


健康リスクに関して言うと、サラダ油には微量の「トランス脂肪酸」が含まれています


ですが、日本人は通常の食事であれば諸外国に比べてトランス脂肪酸の摂取割合が低いため、過剰摂取をしない限りは健康リスクは低いと考えられています。

https://amzn.to/45nrmoD

一人暮らしに適した調味料のサイズは小さいサイズ

調味料の画像

一人暮らしであれば調味料を選ぶときは、小さいサイズを選びましょう。

小さいサイズを選ぶメリット・デメリット

小さいサイズを選ぶメリット

  • 賞味期限切れになりづらい
  • 狭いスペースにも置ける
  • 調味料が苦手なものだった場合、被害が少なくて済む

小さいサイズを選ぶデメリット

  • 同じ量で比較したときに大きいサイズよりも少しコストが高くなる
  • 使い切るのが早いので何回も購入しにいかなければならなくなる

調味料のサイズは使う頻度によって選ぼう

基本的に一人暮らしであれば、調味料は小さいサイズがおすすめです。

ですが、毎日自炊をする人はサラダ油を毎日使用するはずです。毎日使用したり、多く使用する調味料に関してはサイズの大きいものを選ぶようにしましょう。

調味料の正しい保管方法

調味料置き場の画像

今回は一般的に使用頻度が高い、下記の調味料の正しい保管方法について解説します。

  • 砂糖
  • 醤油
  • マヨネーズ
  • ソース

砂糖は常温で保存する

砂糖をコーヒーに入れようとしている画像

砂糖は常温での保存が正しい保管方法です。

冷蔵庫で保管すると温度や湿度の変化により、砂糖が固まってしまう可能性があります。

密閉容器で温度や湿度の変化をなるべく少なくして、常温で保管するようにしましょう。

塩は常温で保管する

スプーンで塩をすくっている画像

塩も砂糖と同様に常温での保存が正しい保管方法です。

砂糖と同様に温度や湿度の変化が大敵なので、乾燥剤を入れたりして状態変化しづらい環境で保管しましょう。

醤油は冷蔵庫で保管する

寿司と醤油の画像

醤油は冷蔵庫での保存が正しい保管方法です。

開封後は醤油が空気に触れることで、風味が落ちたり酸化も進んでいきます

賞味期限に関わらず、1ヶ月程度を目安に使い切るようにしましょう。

マヨネーズは冷蔵庫で保管する

マヨネーズがかかったサラダの画像

マヨネーズは冷蔵庫での保存が正しい保管方法です。

賞味期限に関わらず、開封後は1ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。

ソースは冷蔵庫で保管する

ソースがかかったたこ焼きの画像

ソースは冷蔵庫での保存が正しい保管方法です。

開封後も2〜3ヶ月は風味が持つので、3ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。

調味料は作ることもできる

調味料の画像

マヨネーズやポン酢、めんつゆなどの一部の調味料は、自分で作ることができます。

調味料を作るメリット・デメリット

調味料を作るメリット

  • 塩分を調整したり、砂糖を控えめにしたりと健康に配慮できる
  • 自分好みの味にカスタマイズできる
  • 市販の調味料を購入するよりも経済的
  • 保存料や着色料等の添加物を避けることができる

調味料を作るデメリット

  • 時間と手間がかかる
  • 毎回同じ味になる保証がない

自分で作れる調味料の一覧

下記の記事で、自分で作ることができる調味料を紹介しています。気になった方はご覧ください。

【調味料は作って代用!】知っておくと便利な調味料の作り方10選!
調味料が探しても探しても出てこないときやこの調味料使いたかったのに賞味期限切れてて使えない。なんてことありませんか?そんな時に家にあるもので欲しい調味料を作ることができたらいいですよね。今回は家にあるものだけで作れる調味料を紹介します。

まとめ

今回は一人暮らしに最低限必要な調味料を紹介しました。

自炊をする人でもしない人でも今回紹介した調味料は、いざという時に備えて1つは保管しておきましょう。

一人暮らしをしている人や一人暮らしに興味のある人の参考になれば幸いです。

それではっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました