【簡単!】一人暮らしでもできるおすすめの節約術3選

※本ページはプロモーションが含まれています。
節約

「貯金のために節約したい!」


でも仕事が忙しくて家に帰宅してから自炊とかできない。


そういう方のために今回は、私がおこなっている誰でも簡単にできる節約術を私の経験談を含めて、紹介していきたいと思います。


この記事では以下の3つを紹介します。

  • 冬はガスの使用を控える
  • コンビニは行かずに安いスーパーを利用する
  • Amazonや楽天などのネットスーパーを活用する



それでは順に解説していきます。



冬はガスの使用を控える

冬にガスの使用を控えるのには理由があります。


冬は1年のなかで最もガス代が高くなるからです。


なぜ冬のガス代が高くなるのかというと、冬は他の季節と比較して水温が低いからです。


例をあげると、


例:水温を30℃に設定している場合

  • 8月の平均水温:約27℃→ガスの使用量は+3℃分
  • 1月の平均水温:約8℃→ガスの使用量は+22℃分


以上のように、冬は水温が低いです。
そのため、設定温度までに必要なガスの使用量が多くなりガス代が高くなるということです。


ではどうしたらガスの使用量を減らせるか。
私の場合は、「自炊」でガスの使用量を減らしました。


具体的には、


パスタを茹でる    → パスタを電子レンジで茹でる
ゆで卵を茹でる    → 卵蒸し器でゆで卵をつくる
ブロッコリーを茹でる → ブロッコリーを電子レンジで温める


このようにガスを使用しなくても済むものに関しては、電気でまかないました。


これをやった結果、1ヶ月でガス代が約800円ほど安くなりました。


これを5ヶ月続ければ、4000円にもなります。塵も積もですね。


ブロッコリーは電子レンジで温めることにより、茹でるよりも栄養を残すことができます。


ブロッコリーについて詳しく知りたい方は下に記事をおいておきます。
ブロッコリーの栄養と効果|最適な摂取量とは



コンビニには行かずに安いスーパーを利用する

これはよく言われていることですね。


このまえ、久しぶりにコンビニに行くことがあり、たまたま目についたカップ麺が1つで348円(税込)でした。
スーパーで180円(税込)だせば買えるものが、


「こんなに高いの?!」


と値段の変わりようにびっくりしました。


スーパーにはコンビニよりも安く買えるのに加えて、特売タイムセールなどがあります。
たまに割引をしているコンビニもありますが、コンビニは基本的に値引きされません


コンビニが近くにあって、スーパーが何kmも離れている場合は、コンビニの方が安く収まる場合もあります。
自宅周辺の状況を把握してスーパーとコンビニを上手に使い分けていきましょう。



Amazonや楽天などのネットスーパーを活用する

今の時代「Amazon」や「楽天」などのネットスーパーを利用したことがない人の方が少ないのではないでしょうか。
気軽に商品を購入できて自宅まで届けてくれる。


商品を探すのも簡単ですぐに購入できて、物を自宅に持ち帰る手間もかからない


こんなに楽なら値段が高い雰囲気がしますが、そんなことはないです。
むしろスーパーで購入するよりも安い値段で購入できる場合もあります。


ネットスーパーのメリットは以下の通りです。

  • 重い商品でも自宅まで運んでくれる
  • 商品購入時にポイントがつく
  • 自宅周辺に売っていない商品も売っていたりする
  • 割引がされていて定価よりも安く買えることがある


自宅まで運んでくれるから、ガソリン代もかからない
しかも定価よりも安く買えることもある。良いことしかないですね。


そんなネットスーパーでもデメリットは存在します。


ネットスーパーのデメリットは以下の通りです。


・商品が入っているダンボールの処理がめんどくさい
・商品が届くまでに時間がかかる
・衣服を購入する際は試着ができないため、失敗する可能性がある
・ダンボールがボコボコでなかの商品が傷ついていることがある


特にネットスーパーをよく利用する人はダンボールが溜まってしょうがないと思います。
ダンボールをまとめて置いておける便利なアイテムもあるので利用してみることをおすすめします。


まとめ

今回は一人暮らしでもできる簡単なおすすめの節約について3つご紹介しました。


私はこの節約を実施して1年で100万円以上貯金することができました。


ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました