山善 洗えるどこでもカーペットを1年間使ってみた正直な感想

※本ページはプロモーションが含まれています。
使ってみた

今回は山善 洗えるどこでもカーペットを1年間使ってみたので、実際の使用感や特徴を紹介していこうと思います。

購入したきっかけや購入して良かった点、悪かった点なども紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Amazon | [山善] 洗えるどこでもカーペット 180×80cm 丸洗い可能 「首まですっぽり入れて掛布団いらず」フランネル仕上げ ダニ退治機能 ブラウン YWC-181PK(T) | 山善(YAMAZEN) | ホットマット
洗えるどこでもカーペット 180×80cm 丸洗い可能 「首まですっぽり入れて掛布団いらず」フランネル仕上げ ダニ退治機能 ブラウン YWC-181PK(T)がホットマットストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です...

購入したきっかけと選んだ理由

雪が降った公園の画像

私が山善 洗えるどこでもカーペットを購入したきっかけは、一人暮らし最初の冬を乗り越えるためです。


一人暮らしを始めて間もなかったのでお金に余裕もなく、とにかく安くてコスパがいい暖房器具を調べていたところ電気毛布が安いと知りました。


下記に安くてコスパがいい暖房器具を紹介しているので、気になった方は参考にしてください。

【電気代を比較!】一人暮らしにおすすめの安くてコスパのいい暖房器具は?
寒い季節になってきましたね。寒い季節に必須なのが「暖房器具」。皆さんは暖房器具によって、どのくらい電気代が違うか知っていますか?今回は、暖房器具ごとの電気代の違いを比較して、安くてコスパのいい暖房器具はどれなのかを確認していきます。


そこでAmazonにて「電気毛布」と検索して、口コミ・レビューが良かった山善 洗えるどこでもカーペットを購入しました。


商品名は「カーペット」ですが、電気代は電気毛布並みの安さで使い勝手も電気毛布と似ていたので、こちらの商品を購入しました。

購入する際に重視したポイント

私が暖房器具を購入する際に重視したポイントは以下の3つです。

1. 電気代

電球の画像

この商品を購入したきっかけにもなりますが、重視したポイント1つ目は電気代です。


一人暮らしを始めたばかりでお金に余裕がなかったので、電気代が安いものを最優先に選びました


山善 洗えるどこでもカーペットの電気代は、以下の通りでした。

1時間あたりの電気代:強=約1.5円/適温=約0.8円/弱=約0.4円(1kW/h当り27円として計算)

引用:amazon.co.jp

1日中電源を付けっぱなしにしておいても、最大36円しか電気代がかかりません

2. サイズ

サイズを測る画像

電気代の次に重視したポイントは、サイズです。


電気毛布やホットカーペットによくありがちなのが、サイズが小さくて足がはみ出してしまうといった問題です。


これでは寒さ対策をしたいから購入したのに、その意味がなくなってしまいます。


自分の身長でも「十分に暖まることができるサイズの暖房器具であること」を重視しました。

3. お手入れ・収納のしやすさ

洗濯物を干している画像

私は1Kの部屋に住んでいてスペースも広くないです。


そのため、暖房器具を使用しているときのお手入れのしやすさと、使用していない時期にどのくらいコンパクトに収納できるか


という2点についても重視して選びました。

山善 洗えるどこでもカーペットの仕様

そんな感じで重視したポイントを押さえつつ、選んだ「山善 洗えるどこでもカーペット」の仕様は下記のようになっています。

本体サイズ:180×80cm
電源:交流100V(50/60Hz)
消費電力:75W
電源コードの長さ:電源側=1.96m/本体側=0.65m
消費電力量:強=約57Wh/適温=約30Wh/弱=約13Wh
1時間あたりの電気代:強=約1.5円/適温=約0.8円/弱=約0.4円(1kW/h当り27円として計算)
表面温度:強=約53度/適温=約34度/弱=約21度
保証期間:お買い上げ日より1年間

引用:amazon.co.jp

消費電力は75Wなので、電気毛布と同じ程度


設定温度を「強」にすることで、表面温度は約53度にまでなります。


睡眠時は「弱」に設定することで、寝苦しい暑さにならず快適に寝ることができます。

山善 洗えるどこでもカーペットの正直な感想

届くまでの期間

配達中の配達員の画像

私は下記のAmazonから購入をしたので、注文後4〜5日で届きました。

Amazon | [山善] 洗えるどこでもカーペット 180×80cm 丸洗い可能 「首まですっぽり入れて掛布団いらず」フランネル仕上げ ダニ退治機能 ブラウン YWC-181PK(T) | 山善(YAMAZEN) | ホットマット
洗えるどこでもカーペット 180×80cm 丸洗い可能 「首まですっぽり入れて掛布団いらず」フランネル仕上げ ダニ退治機能 ブラウン YWC-181PK(T)がホットマットストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です...

もう既に寒くなりかけている時期だったのもあり、早めに届いてくれて助かりました。

サイズ

山善 洗えるどこでもカーペットの外観を写した画像

サイズは、180cm×80cmで平均身長の男性でも余裕で全身暖まれるサイズです。


足の部分は下記の画像のようになっています。

山善 洗えるどこでもカーペットの足元部分(チャックを開けた状態)の画像
↑山善 洗えるどこでもカーペットの足元部分(チャックを開けた状態)

寝袋のように足がはみ出ない構造になっているので、足元が冷える心配もありません。

使用感

通常の電気毛布とは違い、下記のように敷き布団と掛け布団の間に入って暖まるような感じになっています。

山善 洗えるどこでもカーペットの画像

実際に使用するとこんな感じ。

山善 洗えるどこでもカーペットを実際に使用している人の画像
出典:amazon.co.jp

生地がフランネルなので、触り心地はふかふかで気持ちよく眠れます。
※フランネルとは、柔らかくて軽い毛織物のこと。

使いやすさ

取扱説明書に重量の記載がなかったので、実際に測ってみました。

山善 洗えるどこでもカーペットの重量の画像

本体重量は「2.4kg」でした。


500mlのペットボトル約5本分と同じ重さなので、電気毛布にしては重いですが、暖房器具にしては軽いですね。


重さもそれほどないため、高齢者の方や小さなお子様でも簡単に持ち運びができます


私は、たまに遠出をするのですが、車中泊をするときに使うこともあります。

お手入れのしやすさ

お手入れをするときは、手洗いもできますが洗濯機で丸洗いすることもできます


下記の画像は、取扱説明書の一部分を写したものです。

山善 洗えるどこでもカーペットの取扱説明書の画像
引用:YAMAZEN BOOK|洗えるどこでもカーペット YWC-181PK

洗濯機を使用する場合は、毛布洗いが可能な洗濯機を使用してください。


ウール洗いもしくは、手洗いコースであれば洗濯機で本体を丸洗いすることが可能です。


私の家の洗濯機では、下記の画像にある「毛布」と書かれているコースで本体を丸洗いしています。

山善 洗えるどこでもカーペットのお手入れの時に洗濯機で選択するコースの画像

詳しくは取扱説明書に記載されていますので、気になる方は下記リンクよりご確認ください。


<取扱説明書>
山善 洗えるどこでもカーペット YWC-181PK 取扱説明書

メーカー対応・アフターサービス

物事を検討している画像

万が一、製品が破損してしまった場合は、Amazonのカスタマーサービスに連絡をしましょう。


商品の保証期間内であれば、損傷・不具合のある商品を交換してもらうことができます


<Amazonカスタマーサービス>
Amazon|ヘルプ&カスタマーサービス


山善 洗えるどこでもカーペットの保証期間は「お買い上げの日から1年間」となっているので、注意してください。


なお、保証期間経過後の修理については、有料となります。


修理依頼前には、下記の項目を確認してから修理を依頼するようにしましょう。

  • 電源プラグやコネクターは確実に差し込まれているか
  • ご家庭のヒューズやブレーカーが切れていないか
  • 温度調節つまみの目盛りが低すぎないか

上記の項目により、不具合が改善する場合があります


ご自身での修理は、大変危険なのでしないようにしましょう。

商品購入者の口コミ・レビュー

良い口コミ・レビュー

温まりやすいので温度調整は難しいです。寝袋タイプなので電源が入ってなくても温かいです。

引用:amazon.co.jp

ふわふわポカポカでよく温まります。ソファと椅子の生活で床暖房つけっぱなしそれでも寒くてセラミックヒーターをつけていた昨日まではなんだったのかというくらいで我が家的には省エネ率50%ですごいです。寝袋タイプにさらにかけ電気毛布と同じシリーズの毛布をかけています。一日中あったかく暮らせます。

引用:amazon.co.jp

思った以上に、暖かい!
サイズも大き過ぎず、小さすぎず丁度良いサイズ。
電源調整もシンプル。

引用:amazon.co.jp

悪い口コミ・レビュー

洗えるどこでもカーペット寝袋タイプを購入しました。
電気敷布団としてしっかり暖かく十分な製品です。
しかし暖かいのは底面のみであり上面はブランケットと変わらない為、寒い部屋では熱が逃げて行きます。電気毛布か掛け布団と組み合わせて使う事をおすすめします。

引用:amazon.co.jp

座って使おうとすると、どの位置に置けば丁度いいかを探すのに多少手間がかかります。
寝て使う分には、良いと思います。

引用:amazon.co.jp

テレワークで一日中家にいるのでエアコンの電気代が気になって購入。
オフィスチェアに敷いて中に入って使ってるがエアコン付けなくても過ごせるぐらいには十分暖かい。
ただ中に入ってるとチャックが足に当たるのが気になってしょうがない。
もう少し端に寄せられなかったのか…。

引用:amazon.co.jp

山善 洗えるどこでもカーペットのデメリット

私がこの商品を1年間使用して感じたデメリットは、以下の3つです。

  1. 電源を入れてからすぐに暖まらない(5〜10分程度の予熱が必要)
  2. 寝袋タイプのため、中に湿気がこもりやすい
  3. 電源を切り忘れやすい

1. 電源を入れてからすぐに暖まらない(5〜10分程度の予熱が必要)

山善 洗えるどこでもカーペットの温度調整部を示した画像

温度調整は、上の画像に示した箇所を上下させることで「弱〜強」まで設定できますが、「強」に設定しても暖まるまでには少し時間がかかります。


取扱説明書を確認すると、

山善 洗えるどこでもカーペットの取扱説明書の画像
引用:YAMAZEN BOOK|洗えるどこでもカーペット YWC-181PK

使用前に30分〜1時間予熱が必要と記載があります。


私が使用している感じだと、10分程度で暖かくなるので使用する10分前に予熱しておくと、すぐに暖まることができます

2. 寝袋タイプのため、中に湿気がこもりやすい

通常の電気毛布とは違い、寝袋タイプのため湿気がこもりやすい構造になっています。


ですが、湿気がこもるのを防ぐために、下記画像のような下部にまで広がるチャックがついています。

山善 洗えるどこでもカーペットのチャック部を拡大した画像
↑チャックを閉じている状態
山善 洗えるどこでもカーペットのチャック部を開けた状態の画像
↑チャックを開けた状態

このチャックを開けて定期的に湿気を逃すことで、湿気のこもりを防ぐことができます

3. 電源を切り忘れやすい

電源を入れたり切ったりする際も音がせず、運転中の稼働音もしないので電源を切り忘れてしまうことがあります。


電源の切り忘れに関しては、対策できることがないですが、電源を1日中つけっぱなしにしておいても最大で36円しかかかりません


切り忘れてしまっても大きなデメリットはないので、私は割り切ってしょうがないと思うようにしています。

山善 洗えるどこでもカーペットのメリット

私がこの商品を1年間使用して感じたメリットは、以下の4つです。

  1. 他の電気毛布に比べてサイズが大きい
  2. 毛玉にならない
  3. 寝袋タイプなので電源を入れていなくてもある程度暖かい

1. 他の電気毛布に比べてサイズが大きい

ほとんどの電気毛布は、縦の長さが130cmや140cmのものが多いです。


実際にAmazonの電気毛布の売れ筋ランキング第1〜3位の商品のサイズは、以下のようになっています。(2023年10月時点)

売れ筋ランキング(電気毛布) 本体サイズ
🥇1 130 × 80cm
🥈2 130 × 80cm
🥉3 140 × 82cm

本体サイズの縦の長さが、130〜140cmのものしかありません。


それと比較して山善 洗えるどこでもカーペットは、縦の長さが180cmあります。


電気毛布は体がはみ出してしまうことが多く、ストレスを感じることもありました。


本体のサイズが大きく、体がはみ出す心配もないため、ストレスを感じなかったのが良かったです。

2. 毛玉にならない

電気毛布の場合、素材にもよりますが長く使用していると毛玉ができてしまいます。


私は山善 洗えるどこでもカーペットを1年以上使用していますが、まだ毛玉は1つもありません。

山善 洗えるどこでもカーペットの肌質がわかる画像
↑私が実際に1年以上使用しているもの

あちこちに毛玉が飛び散ることもないので、毛玉によるストレスがないのが良かったです。

3. 寝袋タイプなので電源を入れなくてもある程度暖かい

寝袋タイプなので、電気毛布よりも暖まるまでの速度が早く、電源を入れていない場合でもある程度暖かいです。


電源を入れなくてもある程度暖かいので、電源を付けなくても良い場面が多くなり、電気代の節約にもなります


また、電源を入れてから暖まるのも早いので、最低限の消費電力で暖まることができます

どんな人におすすめか

考える人の画像

私は山善 洗えるどこでもカーペットを1年以上使ってきましたが、下記に当てはまる人は購入を検討してみることをおすすめします。

  • 電気代を少しでも節約したい
  • サイズが大きい電気毛布が欲しい
  • お手入れが簡単でコンパクトに収納できる暖房器具が欲しい
  • 毛玉にならない電気毛布が欲しい
  • 車中泊の時に暖をとれるものが欲しい

一人暮らしの人であれば電気代の節約になるので、浮いた分のお金を貯金に回したり、交際費に回すこともできます。


手軽に持ち運びができるので、移動の多い長距離運転手全国を飛び回る営業の方など、車中泊の時に暖がとれるのでおすすめです。

安い製品を買って後悔しないように

後悔してる人の画像

値段が安いがために、商品の価値に見合っていない暖房器具を購入して後悔する人は多いです。


私も最初値段だけを見て電気毛布を購入し、使いやすさやお手入れのしやすさ、収納に関しては特に考えもしていませんでした。


その結果、毛玉はたくさんできて、温度を「強」に設定しても全然暖かくならない電気毛布を購入してしまい後悔しました。


皆さんには私のような後悔をしてほしくないので、暖房器具を購入する際には値段だけでなく「製品の素材」であったり、購入者の口コミ・レビューも確認するようにしましょう。

Amazon | [山善] 洗えるどこでもカーペット 180×80cm 丸洗い可能 「首まですっぽり入れて掛布団いらず」フランネル仕上げ ダニ退治機能 ブラウン YWC-181PK(T) | 山善(YAMAZEN) | ホットマット
洗えるどこでもカーペット 180×80cm 丸洗い可能 「首まですっぽり入れて掛布団いらず」フランネル仕上げ ダニ退治機能 ブラウン YWC-181PK(T)がホットマットストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です...

まとめ

今回は山善 洗えるどこでもカーペットを1年間使ってみた正直な感想を紹介してきました。


値段は他の電気毛布よりも少し高めですが、それに見合った性能と扱いやすさがあります。


安いものを購入して失敗してを何度も繰り返すよりは、一度で質の良いものを購入した方が結果的にかかる費用も少なくて済み、廃棄や再購入など余計な手間もかかりません。


質の良い暖房器具が気になる方は検討してみてください。


この記事が参考になれば幸いです。

それではっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました