【手取り13万】20代一人暮らし社会人が1年で100万円貯めた方法は?

※本ページはプロモーションが含まれています。
1年で100万円貯めた方法のアイキャッチ画像 節約

一人暮らしって生活するだけでも大変なのに、さらに貯金するのって難しいですよね。

家賃が高かったり、車を持っているとさらに貯金はできなくなります。

今回は、20代一人暮らし社会人の私が1年で100万円貯めた時の当時のプロフィールと100万円を貯めるために何をおこなっていたか、その方法について紹介します。

私のプロフィール(当時の状況)

私は一人暮らしを1年間してきて、100万円貯金をすることができました。

当時の私のプロフィールを下記に記載しておきます。

  • 田舎住み
  • 20歳
  • 社会人3年目 月収13万(手取り) ボーナス30万×2
  • 一人暮らし
  • 車持ち

私は年間に使えるお金が216万円なので、1年を116万円以下で生活する必要があります


1年を116万円で生活するということは、月に9万6000円で生活しなければなりません


月にかかっていた生活費は以下になります。

  • 家賃         → 5万円/月
  • 水道光熱費     → 1万円/月
  • 食費        → 1万5000円/月
  • 趣味/交際費     → 5000円/月
  • 衣服費/日用品費など→ 1万円/月

月によって多少使用する金額は変わりますが、1ヶ月にかかっていた生活費は平均9万円です。


親からの仕送りはなく、すべて自分のお金で生活をしていました。


ここからは、私が100万円貯金するために何をおこなっていたのかを紹介します。

1. 食費の節約

ピザの画像

私が100万円貯めるということにおいて、最も意識したのが「食費の節約」です。


意識した理由は、家賃などの固定費の次に支出に大きな影響を与えるのが食費だからです。


食費は毎月少ない人でも1万円程度はかかるものです。


食費が多い人は5万円以上の人もいます。


私は外食を極力控えて、友人とご飯を食べる時しか外食はしないようにしました。


そして自炊することを心掛けました。

食費を節約する上での注意点

食費を減らすために、下記のような安い食品を購入するかと思います。

  • 食パン
  • うどん
  • パスタ
  • お好み焼き

ここで注意してほしいのが、値段の安い商品はほとんど栄養がないということです。


上記で挙げた食品に共通するのが、炭水化物であるということで、ビタミンやカルシウムなどの栄養がほとんどありません。


バランスの良い栄養を取れていないと病気になってしまい、節約をするはずが逆にお金がかかってしまいます


私がおこなった詳しい食費の節約方法が書かれた記事を置いておくので、参考にしてください。

【超簡単!】健康的に一人暮らしの食費が浮く節約方法3選!
「食費を安く抑えたい!」「食費抑えるのって大変なんでしょ?」と思っている方は多いです。そんな方にもおすすめできる健康的で簡単に食費を節約する方法の1つ目は、「炊飯器でお米を炊く」です。炊飯器でお米を炊いてご飯を食べるのと、レンチンご飯の値段がどれだけ違うか計算したことありますか?

この方法で病気にかかることなく健康的に、月の食費を1〜2万円にすることができました。

2. 安い金額で楽しめる趣味を見つける

読書をしている人の画像

趣味にはお金がかかりがちです。


安い趣味を見つけると貯金は一気にはかどります。


私が当時おこなっていて、今でもおこなっている安い金額で楽しめる趣味は以下の通りです。

  1. 図書館で本を読む
  2. 一人カラオケ
  3. サブスクで映画/アニメ視聴
  4. 料理
  5. 絵を描く

(1)図書館で本を読む

図書館の画像

私は本を読むのが嫌いでした。


それでも図書館にいこうと思ったのは、以下の理由があります。

  • 電気代節約のため
  • 知識が増える
  • 自分の払ってる税金を有効活用したい

図書館は年中エアコンが効いているので、家でエアコンや扇風機を使うことなく快適に過ごすことができて電気代の節約にも繋がります


そして本を読むことによって、自分の知識をさらに増やすことができます。


また、図書館は自分たちの支払っている住民税などの税金で成り立っています。


その住民税を無駄にしたくないので通っています。笑

(2)一人カラオケ

カラオケの外観の画像

私の家の近所にはカラオケ店があり、よく一人カラオケに行きます。


そこは祝日、金曜日、土曜日の朝の時間のみ、440円(ドリンクバー付き)で3時間利用することができます。


3時間のカラオケ歌い放題であれば十分楽しめて、ストレス発散にもなります。


皆さんも自宅周辺のカラオケ店の値段について調べてみることをおすすめします。

(3)サブスクで映画/アニメ視聴

アニメを見る男性の画像

最近はYouTubeやTVerなど、無料で視聴できるアプリも多いです。


その中でも「Amazon prime」なら月額600円で対象のアニメや映画が見放題です。(2023年10月時点)


破格すぎます。


映画館で観るよりも断然コスパがいいです。


それでいてAmazonの送料が無料になったり、音楽が聴ける「Amazon Music」も利用できるようになります。


解約も簡単なので「Amazon prime」 に入ってない方は、試しに加入してみることをおすすめします。

(4)料理

調理器具のと調味料の画像

料理が趣味になったらこれ以上にいいことはありません。


料理の腕も上がり、食費も浮きます。


料理が苦手だったり、やったことがない方は簡単な料理から始めましょう


私もよく利用させていただいているサイトを載せておきます。

力尽きレシピ〜簡単ズボラ飯のレシピ集〜
疲れ果てたときでも作れる超簡単ズボラ飯をまとめています。残りの体力から料理レシピを探すことができます。

簡単に作れるレシピがたくさん載っているので、ぜひご覧ください。

(5)絵を描く

絵を描く人の画像

絵を描くのに必要なのは、紙と鉛筆(ペン)と消しゴムのみです。


今まで紹介してきたものは、特定の場所にいかないといけなかったり、多少お金がかかったりします。


絵を描くのは自宅に紙と鉛筆さえあれば、今すぐに誰でも始めることができます


絵を描くのは意外と楽しく、画力も上がるのでおすすめです。

3. スマホプラン/サブスクの見直し

スマホを動かす人の画像

あなたは自分のスマホプラン、どのサブスクに加入しているか把握していますか?


以下は、私のスマホプランとサブスクを見直した時の実体験になります。

スマホプラン・サブスクを見直したら月に5000円も損していた話

私はドコモの一番安いスマホプランを利用していて、サブスクは音楽アプリとAmazon primeの2つしか入ってないとずっと思っていました。


ある時、「自分のスマホプランとサブスクってどんな感じなんだろ?」と思い確認してみることにしました。


すると、スマホプランは月額5000円のもの(中ランクのスマホプラン)に加入しており、安心保障パックにも加入していました


すぐにスマホプランを一番安い月額3000円のものに変更し、安心保障パックも解約しました。

サブスクも使っていないものが2つあったのですぐに解約しました。


サブスクは1つにつき1000円程度なので、スマホプランのプラン変更と合わせて月に5000円も出費を抑えることができました


多少手間かもしれませんが、たった30分程度見直すだけで月に使えるお金が増えたり、貯金もその分できるようになります。


できる方は定期的にプランを確認するようにしましょう。

まとめ

年収の手取り200万円弱の私でもいま解説してきたことをおこなって、貯金100万円することができました。

基本的にはボーナスは貯金に全部回して、ボーナスはないものとして生活していました。

将来の夢だったり、マイホームのために皆さんも貯金頑張ってください!

それではっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました